修了者さま

当教室のメインコース

20回で、こんなにも高度な知識と技術が身について理解できちゃうなんて!!

のしっかりパンコース は

20回を終了なさると 終了証を差し上げております


いろんな理由や目的でパンを作ってみたい方がいらっしゃるので

なるべく対話して、その方のほしいゴールに近づけるようにしております、


今回の修了者様は お一人は 台湾の占い師さんに パン教室を進められたから来たという方でした。


d0290343_20135677.jpg
もとはといえば パンを好きだと思ったこともなかったそうで・・(笑

でも、私の作ったパンを パンってこんなにおいしいものだったんですね~~。って食べて下さって、

途中手術入院とかもあって時間もかかりましたが 終了なさってくださいました。

彼女の人生にいい影響があったと信じたいです!


そしてもう一方は 初めての外国人男性修了者様

男性は今までもいらっしゃいましたが

ミャンマー人の方は初めてでした。

d0290343_20181840.jpg

いつかミャンマーで生かして下さるって事で素晴らしい向学心を感じ

こちらも気合が入りました。

冬季限定でまたお待ちしておりますね!

しかし、彼の性格なのか、ミャンマー人の男性の特性なのか

感動なお人柄




教室では しっかり学びたい!!最終的にはバゲットを焼けるようになりたい方のためのしっかりパンコースもありますが


ちょっと好きなパンだけ一回習ってみたいってかたのお気軽パンのレッスン

数回遊びに来たいって方向けの 初めてのパンなどのレッスンのご用意もありますので

お気軽にお問合せ下さい



d0290343_20231323.jpg
写真お気軽パンのコッペパンです。


日程はこちらでご確認くださいませ

お気軽パン あるいはS1 体験ありという日は 体験しやすいメニューになってます





[PR]
# by marielilie | 2018-07-19 20:30 | パン教室 | Comments(0)

教室の話題とは全然関係ないのですが・・

毎年この時期になると言わずには居れないのが


ツールドフランス の話題

ぜひ上のツールドフランス クリックしてみてくださいね


お仕事のないときに一番好きなのは、映画 スポーツを見ることですが

毎年7月は ツールドフランスに熱血させていただいてます。

21日間の戦いを、全部は見れないけど、ダイジェストで楽しませてもらってます

最終日にはロスになって、来年の7月が待ち遠しくなります


実は若いころはこういう自転車に乗って一日に180キロ乗っていろんな景色を見に行ったりしてたのです

きっとその経験があるからだと思いますが

おもしろくてたまりません。



今回も初日には、フランスの塩田の景色も出てました。


教室でよく使うゲランドの塩をどんな風に作ってるのかな~~って思ってたことも多々あったので

一瞬ですけどTVで見れてよかったです。





映画で最近一番 よかったのは

Wonder です。


涙が止まらなかったです。

チャンスがあったら家族全員で見てほしいです。


d0290343_21124955.jpg



















[PR]
# by marielilie | 2018-07-10 21:13 | にこにこする話 | Comments(0)

うれしいお言葉たち

今日は 2回もうれしいお言葉が・・

なるべく謙虚に  なるべく地道に生きていきたい!!と思ってるのですが・・・(笑

たまには(笑


うちのお教室には過去に何十人も某大手教室さん(一社に限らず)で習った後にお越しになる方がいらっしゃいます。

あまりおいしいパンが焼けなかったんです。

あまりわからなかったんです・・っておっしゃって・・



当教室でしばらく通われてるうちに・

前のところでは そこが重要だとか、今この作業をなんのためにやってるかとか

ここでの触り方が大事とか

科学的にこれをすると、こういいものができるって事とかは教えてくれなかった。

分量のわかるレシピと 画一的な手順を教えてはもらったけどって

d0290343_21073047.jpg
今日は当教室で一番の導入のレッスンのポテチーパン



そして説明をちょっとするだけで、だからああだったんだ~~

それであんなのができちゃったんだ~~って

感想を述べていただきます。


そうやって知っていくことに喜びを覚えて下さる生徒さんのキラキラした笑顔が

たまらないです!


本日もそんな会話が!!


そして これも謙虚であるべき 世の中にはお世辞っていうものがあるんだよ・・・って自分に言い聞かせながらも

【いろんなところのマカロンを買って食べるんだけど・・

シュクレ ア ラ ネージュのマカロンよりおいしいものに出会ったことがない】って

これは何十回聞いたことでしょうか・・

レシピ開発に 技術修練に 費やした日々時間 労力が報われて本当にうれしいです

d0290343_21081252.jpg


パンに関しても・・・

ご試食で様々なパンをお出ししてるうちに・・

どこにパンランチとかおいしいパン屋さん巡りしても

なかなかこんなにおいしいものには出会えないっておっしゃっていただけて

日々 ずっとずっと35年以上 パンのことにひたむきに

パンのことばっかり考えて

こうやったほうがいいか・・ああやったほうがいいか・・・

科学的な根拠はどうかしら・・・

って考えてきてよかったなって思います


こういうお言葉に支えられて この10年 平均週休1日でレッスンをさせていただけてるんだろうなって

感謝と感慨深いです
d0290343_21300707.jpg
体験だけでも一回だけやってみたい方も(お気軽パン 初めてのパン しっかりパン1)

深いところまで知りたい方も(しっかりぱん2,3,4 フランスパンコース 天然酵母コース)

ぜひ体感していただきたいです



[PR]
# by marielilie | 2018-07-09 21:32 | パン教室 | Comments(0)

懐かしい写真

大昔

自分の結婚式で、いろいろ手作りにこだわりました

一番がんばったのは、お引き菓子のフルーツケーキと、ウェディングケーキ!


実は現行のHP に移る前の HPにいろいろ載せてたんですが

マンションのプロバイダーが変わったところで、どうもなくなってしまってたようで…


写真自体はアナログでしかもう残ってないかな~~ってめんどくさいなって思ってたのですが

ここのところPCの写真の整理に手を付けたら、発見しました
d0290343_20011045.jpg

ケーキ屋で修行したわけでもなく、

今みたいに ネットでいろいろ検索できるわけでもなかったので

家族向けのケーキはそれなりに問題なく作れるようになってはいたけど

こんなケーキはどういうものをそろえたらいいかとか全くわからず

とりあえず河童橋に行って、どんなものがあるのかを見て

デザインを決めた記憶があります


一番下の銀盆は式の前日に会場のホテルに借りに行きました。

ものすごく重くて、びっくりでしたけど、若いって怖いもの知らずです。

土台には、生のイチゴから手作りしたイチゴムースのショートケーキを(四角いスポンジは海苔の缶で焼きました(笑))

イチゴのタルトや、ブッシュというパイのお菓子をかざり

フランスのウェディングケーキとして憧れのあったクロカンブッシュ(シュークリームのタワー)を

イメージして ムースリーヌクリームのガトーフレーズの丸いケーキを載せました。


銀盆に盛り付けた後に気が付いたのですが・・・

これをどうやって運ぼうって思ったのを思い出します

即席でそこから箱まで作りました(笑

タクシーの運転手さんにとにかく揺れないように行ってくださいってお願いして

座席に座りながら、ずっと抱きしめるようにして揺れないようにして運んだ記憶があります(笑

ホテルについたら従業員さん呼んで、冷蔵庫にはこんでもらうように頼んでから

自分のお仕度に入ったのですが・・この時点で一日が終わってる感じです。




もう完全自己満足で お招きしてた人数では食べきれない感じ(笑

フルコースの後に、スイーツバイキング並みにもりもりデザートとなりました。


お引き菓子のフルーツケーキは寝かせたほうがおいしいので

2週間前くらいから120本ほどつくり1週間前からラッピングをコツコツとしました。


たのしかったな~~
d0290343_20163652.jpg
d0290343_20151975.jpg
いまは記念日ケーキは子供の誕生日だけだけど

ダイエットに燃えてるのでそれすら喜んでもらえないという・・・



d0290343_20170131.jpg

結果やっぱり自己満足で作ってます

喜んでもらえてなくても

作ってる時が楽しいという・・











[PR]
# by marielilie | 2018-07-07 20:18 | にこにこする話 | Comments(0)

パン業界的にも 少しタブーな話なので

夢が崩れそうで心が折れる方は読まないほうがいいかもしれません。


天然酵母もドライイーストも セレビシエという種目の 菌の仲間です

大昔から地球上に生息するもので決して人間の手で作り出されたわけではないので

自家製酵母って言い方もすこし語弊があります.

自家培養酵母が正しい意味を表しているかなと・・

英語表記では 上記の表記のすべてがYeastですもんね。

日本ではなぜか表示にイーストとつくと売れ行きが悪くなるってことで

パン酵母という表記に変えた歴史もあるんですよね・・。



d0290343_1959211.jpg


商品になるまでの過程で 科学的なことをしてるからイーストはよくないという

言い方もありますが・・

〇神〇〇〇天然酵母と売られているもの、 〇〇〇野天然酵母として売られているものは

製品となる過程はドライイーストとほぼ同じなんですよね

天然って名前を付けたもの勝ち・・・なところが 少しタブー感がありますよね(笑

もしかしてこの記事を業者が読んでたら殴りこまれちゃったり(笑




d0290343_19595930.jpg



教室では ホシノ天然酵母を使用するコースと

自家培養酵母を使用しているクラスがありますが

現在の日本語でわかりやすいようにということで、天然酵母コース、自家製酵母コースという名前の

付け方となっております。

そしてそれをレッスンに取り入れている理由は

セレビシエの種類によって味や食感が違うので、サフのドライイーストとは違うおいしさのパンができるからです。

教室のレシピは、天然酵母はどの粉とどんな種類のパンと相性がいいか??

自家製酵母は どの粉とどんな種類のパンと相性がいいかを何回も試作を繰り返し作りました。

そして 個人的には私の使い方の各々の酵母のパンが

際立っておいしいと思うのでレッスンに取り入れてます。


自家培養に関しては 粉で元だねを起こすより安定しておいしいパンが

手間なく焼き続けられるので 液体で継ぐ方法をわかりやすく説明していて

産休中などに取得された方が仕事に戻って忙しくなってからも

おいしいパンを作り続けられているのをうれしく拝見させていただいてます。

粉継ぎの元だね方式は、フルタイムで子育て中とかだと手間がかかりすぎてあまりに現実的じゃないですもんね。



自家培養酵母は、はやり??として 柿酵母 イチゴ酵母 レモン酵母 とか

いろんなものをブクブクさせてますが・・・

セレビシエというパンを作るのに向いた菌たちは 甘いものが好きなのです。

なので 熟しすぎた柿とか 砂糖水につけた ハーブとか の液体には

イーストのパンや、他のパンを焼いてた時や 普通に空気中にいるセレビシエが寄ってきて・・

あるいは 果物や 野菜に付着してたセレビシエがどんどん

増えていくのでパンができるようになるんですよね。

ヨーグルト酵母っていいうと ヨーグルトの菌なのかな??とも

思いがちですが、ヨーグルトができるための乳酸菌ではパンを膨らますことはできません。


なので・・ときおり聞いたり目にする

〇〇酵母は もっちりしっとり とか

〇〇酵母は 弱い とか

〇〇酵母は カビがでやすい とかは正直間違いですね

顕微鏡を持ってる方は別として 

持っていないで作る人にとって自家培養酵母は 運次第です

ちょうど手に入れてやってみようと思って使った果物に

セレビシエがいっぱいついてたか??

もともとカビ菌がすでに多くついてなかったか??

培養する環境が普段からよくパンを作っていたりして空気中にセレビシエがいて

培養液にとりついたか・・・そんなことでできるパンは違います。

そして〇〇酵母は もっちりする・・とかは、仕込み水がなにか??で受ける影響の時に出たりします

d0290343_2005027.jpg


なので どうしても 何かのフルーツの風味のパンにしたい場合

仕込み水を何かのフルーツのジュースなりにしてイーストで作っても

ゴールは同じ というか・・・どっちかというと 安全で安定したパンが作れるのです。


第2回に続きます
[PR]
# by marielilie | 2018-06-26 15:41 | パン教室 | Comments(0)