レシピを読み解く について

教室のHPに、レシピを読み解く力をつけられます と

書いてます。

おそらく、来ていただいて数回レッスンをうけられた方なら

何を意味してるのか分かってもらえると思います。

多くの レシピは・・・

分量が書いてあって手順が書いてあります。

それまでのお料理の経験や、器用さで、

それをさっと読んで同じようなものが作れる人も多いと思います。


でも・・・・実は

同じレシピで 書いてある手順にしても、同じものの出来ないことのほうが多いのです。

それも一回目はうまくいったから、自信をもって作ると

二回目にはなぜか少し違うものができて、人にプレゼントで上げようと思ってたのに・・・これじゃ無理 

みたいになっちゃう・・・。



それはなぜでしょう??

そこがレシピを読み解く力 なんです!!

たとえば 
d0290343_19420331.jpg
こちらの本格ナポリ石釜風の食感の マルゲリータと

もちもち~~香ばし~~ふわとろ~~
d0290343_19413436.jpg
こちらの ソーセージのクリスピーピザ

カリッとさくっとおいし~~

生地自体は同時に作ったもの

それ以降の過程をちょっと変えるだけで 

まったく別の食感のものができます。





ここに

バター50g
砂糖50g
卵25g
小麦粉 100g

という、当教室での基本のクッキー生地のレシピがあります。

クッキーを作ったことがある人ならまず、クッキーはできると思いますが

おそらく私の作ったものとまったくもって味が違うものができてるはずです。

そしておそらく作るたびになんだか違う・・・

私はこのレシピがあったら

この食感にしたい日はここでこのポイントで卵を入れるとか

選ぶ材料を変える などで

狙った食感、味のクッキーを作ることができるようになってます。

たいていの場合狙ったものができるようになってます。

まだまだ知りたいことがいっぱいの私なので

完全とはまだ言えませんが・・・・・

各種パンしかり・・・お菓子しかり・・

それがレシピを読み解く力!!なんです。


本を見て、ネットを見て分量と手順がわかっても

自分にとって好み!!のものはできないですが

それを読み解いて自分好みにできる力を

一緒に作っていける教室。

それが私のしたいことなんです



















[PR]
by marielilie | 2014-12-08 20:05 | パン教室 | Comments(0)