パン教室を選ぶ時の ワンポイントアドバイス

d0290343_19395418.jpg
ミルククルミパン

月替わりレッスンで行っております



パン教室を選ぶときに、どういうところを選んだらいいのかしら??

って思う方に、10年近くこの業界に身を置く身として思ったことを書いてみます。


どのパン教室に行っても、

練る、発酵、成形、発酵 焼く の手順は一緒で

どの教室に行っても、写真で見る限りは同じようなものが焼けるはず・・・・

クルミパンを習ったらクルミパンはできるようになるんだろう!!と


でもここがポイントですが・・

発酵のさせ方、生地の扱い方があわないと、焼きたてのすごくおいしい!!からの味の落ち方がてきめんに違うのです

香り、しっとり感 ぼそぼそ感 そして噛むたびに出るうまみが全然違うのです。

これは他にも違うパン教室に行かれた方からよく聞くご意見でした。

こちらで習ってから、お家にもって帰ったパンがおいしいって!!




なので、忙しい日々の中、少しでも早くパンが焼けて

そして焼けたらさっさと食べきってしまうなら

早くできることが売りの教室は、お値段もお手頃のも多く、

色んな事に気を付けることなく手順だけおっておけばできるから簡単でお手軽でお勧めです。

自分でいつくしんで作った、焼き立てのパンはやっぱり最高だから



d0290343_19400853.jpg


ただ、次の日や、その次の日でもおいしい!って思う

有名なパン屋さんで買うようなパンが作りたかったら、お話は変わります

なんかすこし難しそうなのかなっていう所に行って、きちんと理屈や知識がわかって

作業の意味が解りながら作っていけるとこらがおすすめです。

時間もワンレッスン最低3時間はかかるものは、発酵してできるうまみが美味しいんです。

やっぱり、コツ、いくつかの大事なポイントっておさえずには、いいものはできないな~~って思います。

本やネットだけではわかりにくかったことも、教室に行って実際に全行程を目の前で見れれば、

発酵の加減とか 分割の仕方、ちょっとした触り方、丸め方、綿棒の力加減のコツを目の前で見て

感じることができるので、すぐに上達できます。





もう一つ おさえておく方がいいポイントは

お家でもどんどんおいしいパンが焼きたいなら

家庭のキッチン設備で実践できるところがおすすめです

完璧な温度管理の発酵器や、業務用のオーブンは、やはりすばらしいお仕事をしてくれます。

そういうオーブンだから上手に焼けるパンがいっぱいあります。

業務用オーブンを使って天然酵母でパンを作る講習会に伺った時に

なれない受講生の方が、完全に成形を失敗してしまってて、うちの電気のレンジオーブンだったら悲惨なものができるな~~ってものが

素晴らしい業務用オーブンに入った途端に、見事に焼きあがったのを見て、実感しました。

よその業務用のオーブンでパンを焼く教室に行ってた方が、その日持って帰るパンのお土産はものすごくいい出来なんだけど

二度と家で復元できないんですよ・・っていう感想もよくいただきます




でも、教室のそういう雰囲気が好きで、そこで食べたり持って帰るパンがおいしければいいのなら

そういうお教室はやっぱり魅力的!!



あとは、実際に自分でこねるのかこねないのか、いくつかの大手の教室では機械で練った生地で成形から開始するとのことで

これも、同じ機械を買うつもりなら、十分です


イースト、天然酵母、自家製酵母 なのか もポイントですね。

天然酵母や自家製酵母も、もとをただすと、空気中に存在しているイースト菌なので

天然酵母や自家製酵母だから体にいいってことは、特にないのですが

これらの酵母で作るパンは酵母が作り出すうまみ成分が格段に多いので、間違ったことをしなければ

ワンランク、ツーランク 上のパンが焼けること間違いなし





教室を選ぶときに、自分はどういう風にパンと触れ合っていきたいのかな??って考えてみるのもいいかもしれません。


d0290343_19395825.jpg
d0290343_20270189.jpg
                     Sucre a la neige では4万円を切ったオーブンでも

発酵器を特別おかなくても、明後日でもそのまま美味しいようなパンを作れる!!

をご一緒に体感できる場でありたいな と日々 皆さんと勉強中です





こちらは9月に教室で作るお菓子
ジューシーオレンジタルト
d0290343_19412895.jpg


タルト型があれば・・あとはボールヘラ、ホイッパー、包丁 鍋 でできちゃう!!

そういうのが・・理想です








by marielilie | 2018-09-11 21:57 | パン教室 | Comments(0)